同人

プロフィール帳を自作した時の話

あらすじ

オフ会で使えるプロフィール帳が欲しかったので自作した時のおはなし

前置き

みなさんはプロフィール帳というものをご存知でしょうか

小学校の頃クラスの女子達が周りに配ってキャイキャイしていたアレです。

クラスの人気者にはたくさん配られるけれど陰の者(俺)には滅多に支給されないレアアイテムでした


世代や地域によっては流行らなかったらしいので簡単に概要を説明すると

  • 実体は50枚ほどの「プロフィール用紙」が格納された小型のバインダー
  • プロフィール用紙には名前や年齢などの基本情報から始まり「好きな食べ物」「お気に入りのアーティスト」など趣味嗜好を書き込む欄がある
  • 持ち主は友達やクラスメイトにプロフィール用紙を配り記入してもらった後回収しバインダーに格納する

そんな事して何が楽しいんじゃ、と思う方も居るかもしれませんが「交友関係を可視化出来る」という点に当時の子どもたちは喜んでいるように思えました

個人情報が知りたいというよりも『あの子に書いてくれと言われたのが嬉しい』とか『あの人に書いてもらえた!』とかそういった要素に惹かれていたのでないでしょうか。

持ち主側の一方的な個人情報収集に付き合わされている、というわけでもなく書いてる側もそれなりに楽しんでいたように思えます。

前述の通り質問内容の大半は

  • 好きな食べ物
  • 気になってる芸能人
  • 今欲しいもの

といった自分が関心のあるものについて訪ねてくる内容が多いので

謂わば合法的に自分語りが出来る空間がプロフィール用紙内に展開されているわけです。子供にとって楽しくないわけがないですね

ぼく自身稀に「書いてくれ」とプロフィール用紙を受け取った時は一切の憂いなく好きなものについて書き殴りまくった記憶があります

好きな人に「サーナイト」とか書いたけど持ち主は一切触れてこなかった記憶もあります。

そんな限界クソ痛オタクの片鱗を噴出させてしまったプロフィール帳、当時は自分の中でそこまで大きな存在では無かったのですが……

20代になってから用紙を配布する側に回った

時は流れ、大学生になったぼくはゲームの大会だとか同人即売会といったイベントに行く機会が増えました

その際に「ネットで知り合った友人と会合する」という機会が稀に発生していました 世間一般で言うオフ会ですね。

「せっかく滅多に会えない人に実際に会えるんだから何かの形で残したいなぁ」と考え、思い当たったのが遠い記憶にあるプロフィール帳でした。

かわいらしいデザインや装丁のものが多いので持ってるだけで楽しい


という事で出会い頭プロフィール帳を突きつけてくる20代男性が爆誕しました

今まで書いてもらった用紙は自分にとって宝なので大事に保管しています。

「書いてもらった当時は仲良かったけど今はTwitterでブロックされている」みたいな人に書いてもらった用紙はもう二度と書いてもらえないだろうしRPGで時期を逃すと回収できなくなるアイテム的なレアリティがありますね。

既製品での限界を感じ始める

しかし市販のプロフィール帳にはどうしても内容に限界があります。メインターゲット層を考えたら当然の仕様ですが、質問内容の傾向がどうしても女児向けなのです。

想定されている回答としては「さんすう」とか「りか」が入るであろう『ニガテな科目は?』の欄に でっかく「卒論」とか書いてある用紙を見るとしんどい気持ちにさせてごめんという気持ちになります。

それならもういっそのこと「自分で訊きたい内容に特化したプロフィール帳を作ってしまえばいいのでは?」と思い作成するに至ったのが2017年春。

ちょうど博麗神社例大祭(東方Projectのオンリーイベント)の申し込み時期だったのでプロフィール帳の普及活動も兼ねて「東方Project専用のプロフィール帳を作ろう!と発起しました。

自作する際に考えていたこと

当時のサークルカット

作成するに辺り市販のプロフィール帳を参考に要点を出しました

  1. 完成品はA5サイズのバインダーにする
    市販品の大きさは工業規格(A4とかB5とか)に適さないものが多いが最も近い形状のA5を選択

  2. 印刷所の「直にバインダーに印刷出来るサービス」等は使用しない
    コスト削減を兼ねつつ、綴じ具やカシメなども自分で選びたかったため

  3. 古明地姉妹(地霊殿)をテーマにする
    古明地姉妹がテーマであればメインカラーである緑と紫がパステルに寄せやすく可愛らしいイメージを作りやすい&地霊殿の動物妖怪達をワンポイントとして採用しやすくなる

上記の要件であればカルトナージュ(厚紙に紙や布を貼って修飾する工芸)で作成するのが現実的かなと思い簡単な設計図を作成。実際にバインダーを作成していきます。

バインダー部の作成

さて、表紙・裏表紙・背表紙を担うバインダー部分のデザインを決めるわけですがこれがまあ大変な事この上ない。

自分の中でフワフワと漂っている「かわいさ」を落とし込むのに相当な時間を要しました。リボンやらハートやら薔薇やらのワンポイントを多様してしまいゴチャゴチャしてしまうケースは避けたいけれど、それを怖がりすぎるとやたら簡素なデザインになってしまったり。作成当時はかなり右往左往していました。

かわいいってなんだ

とりあえず形にはなりましたが、紙の耐久性が不安です。イベント時の利用を想定しているので、ある程度は持ち運びに耐えうる性能が欲しいです。

なのでペラペラの上質紙ではなくある程度厚みのあるマット紙か、水に強い合成紙のどちらかを採用したいので紙質を選択できる印刷所に依頼する事にしました(今回は印刷会社グラフィック様にご協力いただきました)

組み立てイメージ図

加工した厚紙と固定具をスプレーのりやカシメを用いて固定していきます。
どちらも「カルトナージュ 部品」などで検索するとハンドメイドの通販ショップが ヒットするので興味がある人はその辺りのワードで調べるのが吉だと思います。

完成したバインダー部分

耐久性に関しても選択した用紙(マットコート135kg)で 一見は問題なさそうですが、経年劣化などの課題が生じる可能性もあるのでまた作成する機会があった際は思考停止で同じものを採用せず試行錯誤する必要がありそうです。

プロフィール用紙の作成

バインダー部はなんとか形になったのでプロフィール用紙本体のデザインに移行。内容を作成するにあたり下記を留意しました

  • ある程度プライバシーを考慮した質問内容にする
    市販のプロフィール帳は「普段から顔を合わせる距離感の相手(家族・クラスメイトなど)」をターゲットにしているため本名からはじまり電話番号はおろか住所まで記載する欄が存在します。今回のメインターゲットはあくまで「オフ会で会った人達」というスタンスのためあまりプライバシーを掘り下げる内容は避ける必要があるかなと……(住所の欄に「幻想郷」とか原作愛感じる事書いてもらえるのも好きなんですけどね)

  • 限定的な質問を用意する
    せっかくターゲットが絞れているので特化した内容があってもいいかなと思い「好きなアーティストは?」という質問ではなく「作品内で好きなBGMは?」のような質問にしたい

質問も決まったので後は原稿を描き上げるだけ……と思ったのですがこういう印刷物のレイアウトに対する知識が圧倒的に少なく相当に苦戦してしまいました。

どうすれば見やすくなるか、書きやすくなるかなどユーザビリティを全く考慮出来なかったので今回一番反省している点です。何か良い参考書などご存知の方がいれば教えてください。

完成したプロフィール用紙

そんなこんなでプロフィール用紙も完成。
申し訳程度のさとり要素として「あなたのトラウマ経験」という項目を設けてみましたが面白い回答してくれた方がたくさん居てうれしかったです

トラウマじゃ済まねえだろ


バインダーと用紙をバインディングした完成品

というわけで晴れて「東方Projectファンのためのプロフィール帳」が完成しました。めでたい

ドクロは売り子さんが設置してくれました(半ギレ)

2017年春例大祭で頒布 お昼すぎ頃に無事完売しました。
手にとってくれた方々、本当にありがとうございました
頒布後買ってくれた方が友人に書いてもらったプロフィール用紙をツイッターにあげてくれていたりでとてもうれしかったです

反省点

  • バインダー部分の耐久性に関しては要検討 もう少し厚みのある用紙に切り替えても良いかもしれません
  • プロフィール用紙の項目数・記入欄の大きさなどがかなりアバウトになってしまったので書きやすい大きさなどを調査する必要あり
  • 実際に印刷された用紙を見ると色合いがかなり変わっていた(時間的に余裕があるなら)印刷所に問い合わせて前もってサンプルを貰う等の工夫が必要

作成すること自体は面白かったし、リベンジしたい箇所もあるのでまたいつか頒布出来たらと思っています。(次回は東方ではなく別ジャンルのプロフィール帳かもしれませんが)

プロフィール帳文化がもっと流行るとうれしいな