イベント

Discord公式ファンイベント(Discord Japan Meetup)に行ってきた話

あらすじ

Discordのファンクラブ(のようなもの)に登録していたらイベントの招待が来たので行ってきました

Discordとは

Discordをご存知でしょうか。
「ゲーマー向け」を謳ったチャットツールで、優れたインターフェースや機能・拡張性の高さからゲーマーに留まらず多くのユーザーに評価され使われているサービスです。

ぼくとその周りにいるフレンドの方々は数年前までSkypeやTeamSpeakをメインとして使っていましたが、Discordが公開され興味本位で少し使ってみたところぼく自身も周りのフレンドも一瞬でDiscordに移行してしまいました。直感的に優れたサービスである事がすぐわかる、それくらい魅力的なチャットツールだと感じています。








導入からステマになってしまいましたがぼく如きがステマするまでもない知名度激高サービスなのでそういった旨の記事じゃないことは聡い皆様なら理解して頂けると思います。





そんなこんなでぼくはDiscordに入れ込んでいる信者めいたフシがあり、Discord公式が展開しているDiscordを応援する団体「Discord HypeSquad」に登録しておりました。
登録しておくとDiscord関連のニュースやオンラインで参加出来るプロジェクト(チャリティーだったりコンセプトのあるBOTの作成だったり)の招待などが随時メールにて送られて届くたびにワクワクできます。

そんなメールを頂く日々が経過する中、
2019/10/24 唐突に下記のようなメールが送られてきます。

イベント招待メールが届く

文章のノリがかわいい

要するに「Discordスタッフが来日するから交流できるファンミーティングを行うよ!」という内容です。

メール閲覧からノータイムでこりゃあああああ行くしかねえなあああと判断したのですが、このメールに記載されているのは「11/01(金)東京エリア」という絶妙にふわふわした情報だったのでスケジュールを組むのが若干むずかしかったです。

平日なので仕事との都合をつけなければならないのですが、開始時刻や具体的な場所が記載されていないので判断するのが非常に難しい。メールを受け取った時点で開催までの残り時間が約1週間、なおかつ「この招待メールに貼ってあるフォームから申請したユーザーには追って連絡するよ!」というフローだったためヘタに保留すると気づいたら申請締め切っていた…なんて悲しい事態に陥りそうなのでまあ最悪仕事の方を諦めればいいか(?)と考え参加申請を出しました。

結局、開催2日前に場所や時刻の詳細が届くという突貫工事感のあるスピードで事態が進展しましたが、ある程度の参加人数を把握してから会場を選びたかったといった理由があったのかな……?ともあれ無理なく参加出来る場所と時刻だったので11/01の仕事帰りに向かうことにしました。

いざ会場

会場は恵比寿駅前にあるダイニングレストラン Aoyuzu(青柚子)さん
こういう機会が無いと絶対いかないタイプのお店なので入店前にビビりまくりました

あまりのオシャレさに店間違えてたらどうしようと思って震えていたのですが

実家のような安心感

受付にて見慣れたDiscordロゴが描かれたプレートを発見!
このロゴを見て一気に緊張が和らぎました

上司にプレゼンする時とかDiscordのロゴステッカーを会議室の見える位置に貼っておけばテンパって自分が何喋ってんのかわからなくなった時便利そうだなって思いました

参加記念品のウンパスくんポーチ

そのまま受付でスタッフのお姉さんがDiscordのロゴが描かれたパスケースと
ウンパスくん(Discordのマスコットキャラクター)のポーチを手渡してくれました んぎゃ〜〜かわゆい

受付後、会場内ではビュッフェ形式で食事やドリンクが提供されており集まったファン同士で食事を楽しむ事が出来ます

なんと驚くことに参加費は無料です(!?!?!?)
Discordの資金力は一体どこから……

招待メールに「ドリンクを片手に金曜の夜を楽しみましょう!」とやたらイカすフレーズがあったので「お、もしかしてワンドリンク出るのかな うれしい」とかズレた事を考えていましたが嬉しい誤算でした

後半はケーキも出てきた ありがたい

イベント内容について

ぼくが到着したのはイベント開始(17:00)から1時間経過した18時なのですが、その時点で既にもうスタッフの方やファンの皆さんが入り混じってテーブルにてドリンク片手に金曜の夜を楽しんでおりました

スタッフさん以外はモザイクかけてます


自分も会話に交えてもらい最初からいらっしゃった方に話を伺ったのですが、どうやら開始直後にスタッフ挨拶と今いるメンバーでの記念撮影が行われ「後はもう各々ドリンク片手に金曜の夜を楽しもうぜ!」みたいな流れに至ったらしいです。フレーズがアメリカンならイベント進行もアメリカンな豪放磊落さを感じます。

なお、最初の記念撮影写真は公式Twitterにアップロードされておりました

挨拶聞きたかったし写真にも映りたかったなぁ……と最初は若干残念な気持ちでしたが、スタッフの方は常に色んなテーブル見に来てくれたり会話に混ざってきてくれたり撮影に応じてくれたりでファンサービス旺盛すぎたので最終的にはそんな感情吹き飛んでとっても満足でした

会場ではウンパスくんメインのイケてるムービーがプロジェクターで常に再生されてて事あるごとに眺めてました んぎゃ~~かわゆい(2回目)

映像出力元のPCにどうぶつの森シールが
貼られていてキュンとした

イベントコンセプトの1つである「ファン同士の交流」ですが、これまた色んな発見があって面白かったです。

正直なところ、開催するまでイベントの空気感が全然読めず「技術者寄りのセミナーみたいな空間だったら完全に浮くな……」と思いながら恐る恐る向かったところがあり、もしそうだった場合は作るだけ作って全然使わなかったスプラトゥーンのブキやステージをランダムで指定してくれる数分で作れるめちゃくちゃ簡単なBOTの話だけで数時間乗り切るつもりだったんですがゲーマーの方の割合も多く普通に会話を楽しむ事が出来ました。ありがたや~

ただ自分でもちょっと驚いたんですが趣味であるゲームの話より、共通項であるDiscordの話をする方が楽しかったです。
「普段Discord使ってるけど収入のフローとか結構謎じゃないですか?Nitro(月額の課金サービス)だけでやっていけてるんですかね?」みたいな疑問を問いかけたら「その疑問めっちゃわかる!!!!」と賛同してもらえたり、レアなバッジの入手方法について共有したり、なんならこのオフイベ参加者用のバッジ配布されないかな~なんて盛り上がったりしてました

日本だと気にしてる人は少ないけどDiscordには何かしらの実績に応じて手に入る「バッジ」の概念があります。
期間限定でしか手に入らないバッジも多くDiscordファンは血眼でこれを求めたりしてる。多分。

年齢も幅広く(20代半ばの方が多かった気もしますが)外国籍の方などもいらっしゃったので普段話す機会が無いタイプの方々と交流出来て新鮮でした。
「普段Discordどんな風に使ってるんです?」と尋ねるだけでその人の普段のライフスタイルや趣味・自分との共通点を見つけられ盛り上がれる場所、そんな素敵なイベントでした

最後にスタッフの方から挨拶が。
集まってくれてありがとうとの事でしたがこんな素晴らしい場所を提供して頂いてただひたすら感謝しかないです
「次回も日本でイベントをやりたい」との事なのでとっても期待しています!

反省点

  • 色んな人と交流出来たとは思いますが話せないまま終わってしまった方はたくさんいたのでもう少しフットワークを軽くしたい
  • 英語出来ると通訳スタッフさんを介さずDiscordスタッフの方々とお話出来るのでガチ有利 もうちょっと英語のお勉強がしたい

最後に盛り上がっていたテーブルの方々とスタッフの方で記念撮影し会場を後にしました。

ノリノリで対応してくれるスタッフさん達

とっても有意義な時間だったので次回もあるならぜひ行きたい!

これを見て興味を持ってくれた方で、Discordが好きならHypesquadに登録して次回参戦だ!!

























と言いたいところなんですが今は募集停止中なのでこの記事はただのHypesquad老害マウント自慢記事みたいになってしまっています すぐに再開するそうなので皆さんこれからもDiscordに注目してHypeSquad募集再開ニュースを見逃すな!!!!