雑文

化粧品検定1級を取得したお話

あらすじ

化粧品について訊かれる事が多くなり、知識を身に着けたかったので化粧品検定を受験しました

前置き

女装を始めてから化粧品やスキンケア用品といったコスメ関連のモノに触れる機会がすごく増えました。
始める前からも脱毛やら保湿クリームなどを塗ったりする事はありましたが、
「美容」という概念そのものに向き合う事が以前に比べ増してきているなぁと感じております。

そんな中、継続的に自撮りを上げていると「使っている化粧品(化粧水・乳液)を教えて下さい!」と言った質問を頂ける事があります。
ある程度信頼されていなければ訊かれない質問かなと思いますので、
こういった事項を訊いて頂けるのは非常に嬉しい限りです、本当にありがとうございます。
ぼくの顔自体は8割くらい画像加工アプリの力なので申し訳ない限りなんですが

しかしぼく自身も化粧品やケア用品を選ぶ時はインターネットで検索して出てきたコスメブログだったり、
美容系Youtuberさんがオススメしていた商品を思考停止でそのまま使用している事が多いので
結局質問してきてくれた方にその旨を伝えても受け売りにしかならないところが申し訳ないやら不甲斐ないやら。
せっかくぼくに訊いてくれているのだからぼく自身がその化粧品を選んでいる理由を説明出来るようになりたいなぁ」と思う場面が出てくるようになりました。

となると美容知識を独学ではなく体系的に勉強するのが一番なんじゃないかなぁと思い、
化粧関連の資格が存在しないか調べたところ「化粧品検定」なるものが一番マッチしておりました。

美容皮膚科学、化粧品の基礎知識、法律など各分野の専門家40名以上に監修された内容に基づき、
体系的に専門的な化粧品や美容の知識を学ぶことができます。
SNS等の発達による情報過多社会において、正しい知識を得ることで必要なものを取捨選択できる力が身につきます。
ご自分の美容知識として、あるいは化粧品のプロフェッショナルとして、日々の生活やお仕事などさまざまな場面で活用できます。

引用元:https://cosme-ken.org/about/


今求めてる条件にぴったりやん!!という事で見つけ次第即申し込み。
こういうのは思い切りが大事です。多分。
ややカジュアルな2級、法律や化粧品の歴史が絡んでくる1級のどちらを受験するか悩みましたがどちらも領域として興味がある項目ですし併願可だったのでどっちも受験する事に。
ちなみに試験は5月・11月に年2回行われ申し込んだのは10月下旬。
「1ヶ月あれば勉強の時間とれるやろ~~~」くらいに思っていたのですが
恐ろしい出来事(※1)が多々重なり勉強の時間を捻出するのにめちゃくちゃ苦労しました。
皆さんは計画性を持って受験するのが吉かと思います

※1 スプラトゥーン2のハロウィンフェス・DbDの経験値2倍キャンペーンが該当


ちょっとした余談

化粧品検定は2020年前半に俗に言う炎上した過去があるようなので少し触れておきます。
インフルエンサーに対し「受験費用無料で化粧品検定に挑戦しませんか?」と言ったDMを送っていた事が暴露され協会としての公平性を問われた…という流れのようです。
思う事が無いわけでもないですが今回受験したい目的は「体系的に化粧品について学ぶ」という点なのでぼく自身がそこまで気にする内容では無いかな~と感じたため抵抗なく受験に至りました。
もしこの記事を読んで興味を持たれた方が居たらその辺りも含めてご判断頂くのが望ましいと思います。
デリケートな内容なので触れるかどうか悩んだんですが全く触れないと
「お前も回し者なんじゃねーのか!!??ヲ”ォ”!?!?」みたいな事言われそうなのであえて書きました(小心者)

いざ受験

そんなこんなでテキスト類を一式購入。
「化粧品のお勉強とか響きが華やかだし問題もキラキラしてるんだろうな~~オシャレぶれるしサイコ~~」とか俗っぽい事考えながら
テキストをめくったんですが、開幕から肌の構造や皮膚に含まれる組織の役割などTHE・勉強って項目が大半で一気に現実に引き戻されました。
キラキラとは程遠く内容はフッツーにお勉強でした。見慣れないカタカナ用語の暗記なんかももちろん大量にあります。
そりゃそうだろ検定なんだから。普通に大変でした。なめててすみません。
「ブルベとイエベ知ってりゃどうにでもなるだろ」とか最初思っててすみません。

とはいえ「こんなもの人生において役に立たないだろ……」といった因数分解を習っている中学生みたいな思考で常時勉強していた学生時代とは違い、
自分の興味がある分野の勉強なのでかなり意欲的に励むことが出来ましたし何より勉強していて自分にとっても役立つ内容が多かったのでとても楽しかったです。
仮に試験に落ちても有意義だなぁと思える内容でした。
まあ落ちてたらこの記事は書かず受験したという事実すらも闇に忘却する予定でしたけど。

毎日30分程度勉強出来たり出来なかったり、というペースであっという間に1ヶ月が経過し試験当日を迎えました。
前述の通り勉強内容が自身にとって強く興味がある内容だったので継続的なインプットさえ心がけておけば勉強してない時も思い出すような形で知識の定着化が図れたので勉強量に対し自信はそこそこありました。
始まってから数分でわからん問題がありすぎてさっきまでなんであんな自信あったの???ってキレそうになりましたが。

満面のアホ面

無事1級、2級とも合格。
普段3時間遊んでいたゲームを2時間30分に抑える等という血の滲むような努力の上に成り立っております

根幹となる知識が身についたため人から受けた美容関連の質問に対しある程度の自信を持って答えられるようになったので
それだけでも受けて(勉強して)よかったなぁと感じました。1級合格者がプログラムを受講出来るコスメコンシェルジュなんかもトレンドを追うセミナーに参加出来たりと面白そうなので継続的に勉強して行きたい次第です。
とはいえ知識だけ増えて頭でっかちになっちゃう事態は避けたいので並行して別協会のメイクアップの実技試験なんかも受けていけたら自分自身のスキルアップに繋げていけるかなとも思っております。
勉強しないといけない事はたくさんありますね

まとめ

頼られる事が全然無いような寂しい人生を歩んできましたが、
この年齢になってようやく人の役に立てそうな事柄が見つかったのでこれからも無理ない程度に勉強していきたいと思います。
多分今までよりかはマシな知識で回答出来ると思いますのでスキンケアとかその辺りで気になる事があったらお気軽に訊いてみて下さい。
わからなかったらめちゃくちゃお茶を濁した何の意味もない回答が返ってくると思いますが。