PR

使い捨てVAPEの紹介案件が来た話

あらすじ

SLASH様から商品PRの案件を頂いたので紹介させて頂きます

本文

久しぶりに商品PRの案件を頂きました
昨年10月の偽おっぱい以来ですね(緊張感の走る導入)

今回は使い捨てVAPE「SLASH」の紹介記事となります

煙が全然上手く撮れなくて100回くらい撮り直しました

こんなオシャレアイテムを32歳に任せていいのか…
という疑問は残るのですが精一杯やらせて頂こうと思います

そもそもVAPEって何

超カンタンに説明すると、
「味や香りをつけた液体(リキッド)を蒸発させ出てきた水蒸気の風味を楽しむ器具になります
(『Vaporizer』の略称)

日本国内ではニコチンを含んだリキッドの販売・譲渡が薬事法で禁止されているため
国産のものであれば健康への影響が低いとされており普通の紙タバコより
比較的日常にも取り入れやすい嗜好品かと思っています

※昨今ではVAPEは「電子タバコ」とほぼ同じ意味合いで取り扱われておりますが
歴史を辿ると別物だったりするので人によって「何をVAPEと定義するか」が
異なっている時代なのでここではあえて簡易的な説明に留めておきます
興味があったら「VAPE 歴史」とかで検索すると
説明されているサイトが多々出てきますので興味があれば調べてみてネ
一旦この記事内ではVAPEを「リキッドを蒸発させて水蒸気を吸引する器具」と
定義して書き進んでいこうと思います

デザインにも富んだものが多く、
ネックストラップをつけてオシャレとして楽しんだり
遊び心のあるギミックがついていたりガジェットに似た楽しさがあります

ゲームボーイを模したかわいいモデルもあります 普段はこれを使っています

製品の特徴

今回頂いたSLASHの特徴なのですが、
上記の遊び心があるタイプのVAPEとは異なり
機能性に特化されており無駄のないスタイリッシュなモデルとなっております

質実剛健だが無骨にならないイケメンデザイン

VAPEにも様々なタイプがあり、
自分でリキッドを注いだり、蒸発させる際の熱温度を変更したりと
カスタマイズやメンテナンスを楽しめるモデルがあるのですが
複雑になればなるほど当然それ相応の知識が必要になってくるので敷居が少し高くなってしまいます
対してSLASHは「使い捨て」と銘打っているだけあり
メンテナンスどころか充電すら必要ないため
「VAPEに興味があるけど色々と複雑そう」と
今一つ手が出せない方にとってはうってつけの製品なんじゃないかなと感じています

キャップを外して吸うだけで水蒸気が出てくるので32歳でも理解出来る

フレーバーも使い捨てVAPEにしては多めの10種類(2022年6月現在)用意されているので、
VAPEへのとっかかりとして購入された後も引き続き別フレーバーを試すという形で愛用していけるかと思います

「思ったより吸いやすいな」とか思って調子乗った挙げ句むせる最低な動画

まとめ

「VAPEに興味はあれど中々手が出せない」
という方に一番向いている製品だと思います
経験者の方であれば「ビルドの必要が無く吸いたい時にすぐ吸える」という点で手に取る価値はあるかなと
(もちろんビルドそのものはすごい楽しい過程ですしぼくも大好きですが、気軽に吸える嗜好品としてはコストパフォーマンスは高いと感じています)

そして何より「PRの動画、むせてるヤツでもいいですか?」と訊いたら
快諾してくれた担当さんの懐のデカさに感動したので
皆様もし機会があれば是非SLASHを手に取って見て下さい
PRなのに32歳のオッサンがむせてる動画を許可してくれる懐のデカいメーカーが作ったんだなぁ……」と思いながら吸うとまた一味違うと思います

SLASH公式サイトはこちら(通販も対応されているのでリンク先から購入が可能です)